読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

艦これ2014秋イベント「発動!渾作戦」を振り返る

また放置気味になってしまいましたが簡単に書けそうな内容から書きます(

最近は近海の護衛すらおろそかになっていて赤煉瓦からお叱りの電文が届くのではないかというくらいのクソ提督放置っぷりですが、無事1週間でE4までクリアできました。

E1: 第一次渾作戦

f:id:sylph01:20141213211319p:plain

開始前の資源がこちら。バケツは前のイベントからいつ最終海域に眼鏡っ娘が出てもいいように備蓄を重ねてきたのでだいぶ回復してました。

第一次はこんな感じのメンツだったらしい:

f:id:sylph01:20141213211351j:plain

f:id:sylph01:20141213211357j:plain

完全な温存体制。扶桑はレベリング兼ねての出撃だったが大したレベリングにならなかった。編成も割と索敵装備積んだわりには索敵値が夏や2-5に比べてゆるゆるだったのでそんな凝った装備もしていないと思う。

あと艦隊名はツッコんではいけない。

f:id:sylph01:20141213211102p:plain

終了後はこんな感じ。スクショをとった時刻を参照する限り、11/22 13:04に作戦開始して14:10には陥落した模様。まあE1だからそんなもんでしょ。

E2: 第二次渾作戦

出撃した艦隊の記録とるのを忘れた模様…

第三次のメンツを見る限りだと多分こんな感じ:

  • 軽巡1: 神通改二
  • 駆逐5: 改二勢と雪風と巻雲と五月雨を温存する方向だったので、霞・秋雲・朝潮・涼風・満潮・村雨・陽炎 あたりがローテーションしていた気がする。

結論からいうとそこまでしっかり温存する必要皆無だった。

f:id:sylph01:20141213212241p:plain

このスクショの時刻が11/22 15:22なので第二次も割とあっさり撃破した模様。バケツ数的にも余裕。

E3: 第三次渾作戦

f:id:sylph01:20141213212337j:plain

f:id:sylph01:20141213212343j:plain

f:id:sylph01:20141213212456j:plain

f:id:sylph01:20141213212505j:plain

満を持しての決戦兵力投入。大和型はろくに育ってなくてですね…。

スクショ時刻を見る限りだと11/25 07:59ってなっているけれど、11/23と24にそれぞれ用があったハズなのでずっと張り付いてたわけではないです。あきつ丸でのルート固定で、大破撤退は2〜3回で済んだハズ。

f:id:sylph01:20141213212920p:plain

残り資源とバケツはこんな感じ。ここまで割と余裕を持ってクリアできたが、残りは時間との戦いに…

E4: パラオ諸島沖「敵機動部隊迎撃戦」

これまた何を考えたか記録取ってない。

編成はだいたいこんな感じ:

  • 第一艦隊 -- 軽巡(旗艦):大淀。はいかわいい。それはともかくとして艦隊司令部施設を使うため半ば前提。 -- 戦艦2:霧島改二、長門。育ってる順。 -- 重巡:鳥海と妙高でローテーション、基本的に妙高が改二近いので妙高 -- 空母2:加賀、飛龍改二。
  • 第二艦隊 -- E3攻略部隊と同じ、大淀の枠に川内改二、駆逐2枠を夕立改二・時雨改二・雪風でローテーション

装備は割と明らかな組み合わせを使っているハズですが、最後に空母を置物化したほうが制空権の関係から安定しました。空母2で連合艦隊だったらそもそも空母が当ててくれないことが多いので下手に爆戦とか積まないほうがよい様子。なので飛龍の4スロに彩雲、残り烈風系で埋める、という装備でやりました。

最初のほうはボスのゲージが全く削れる気がせず3回くらいカスダメだけで終わったのですが、しばらくしてから雷巡部隊がいい感じに夜戦でダメージ入れてくれるようになってS勝利がそれなりにできるようになりました。で終了は11/27の22:00台。なんとか間に合った感じです。

f:id:sylph01:20141213214007p:plain

ここだけバケツの減り方が急激ですが、それでも資源の自然回復上限を割り込んでないし、1海域で100使うとか夏みたいなことにはなってないのでそんなもんでしょう。めんどくさくてキラ付けしてなかったら支援艦隊で送るキラの駆逐艦がだんだんいなくなってきたっていうのは秘密。


無事今回のイベントは全マップクリアに成功し、前回ドロップし損ねた清霜ちゃんも無事着任したのですが、その後のあまりの放置っぷりに秋月・Prinz Eugen・清霜・野分は全員Lv1で止まってます。こうやって気が緩んだあとに次のイベントのE6で信濃をちらつかされて後悔することになるんだ…(