tech

暗号屋から見たEメールの死について(EFAIL解説)

本記事は メール Advent Calendar 2018 株式会社ACCESS Advent Calendar 2018 のcross-post entryです。また、Dark Depths of SMTP のExtra Chapterでもあります。 さて、メール Advent Calendar 2018では1日目の記事でメールの通信の秘密について法的な面か…

コミックアカデミー17にて"Computer Science Head-Start Guide"を頒布した

タイトルの通りです。

技術書典5にて"バージョン管理 with Pijul"を頒布した

今度こそブームが過ぎ去る前に。

W3C Workshop for Permissions and User Consentに行ってきた (2) 本編

本編です。思ったよりめちゃめちゃ長くなってしまった。2000文字くらいであることが多いのに11000文字とか出てるんですが???

【自作キーボード】Irisを組んだ

RubyKaigiでいいなーと思ってたらいつの間にか自分でも作ってた。ビルドログみたいなものは次組むときに書きます(組むこと前提)。

Ruby x Elixir Conf Taiwan 2018でLTをしてきた

タイトルの通りです。cryptoタグが付いているけどそこまでcryptoではない。あと技術要素は申し訳程度。

技術書典4で"Dark Depths of SMTP"を頒布した

そろそろ書かないとブームが過ぎ去りそうな感が否めないので書きます。

(10) Counter-Cryptanalysis

本記事は 暗号学一人アドベントカレンダー 10日目(相当)の記事です。 本来ならば今日終わってるハズなのですが半分以上を残す結果になってしまいました…。期待していた方がいたなら大変申し訳ありませんでした。残りの内容は次の3〜4週間を目安で執筆・公開…

(9) Non-Merkle-Damgård Hash part2: Sponge construction and SHA-3(Keccak)

本記事は 暗号学一人アドベントカレンダー 第9日目(相当)の記事です。

(8) Non-Merkle-Damgård Hash その1

本記事は 暗号学一人アドベントカレンダー 第8日目(相当)の記事です。

(7) 正しいパスワードストア

本記事は 暗号学一人アドベントカレンダー 第7日目(相当)の記事です。

(6) SHA-1の強衝突耐性突破まで

本記事は 暗号学一人アドベントカレンダー 第6日目(相当)の記事です。

(5) 誕生日問題の計算を追いかける

本記事は 暗号学一人アドベントカレンダー 第5日目(相当)の記事です。

(4) 衝突耐性の定義

本記事は 暗号学一人アドベントカレンダー 第4日目(相当)の記事です。

(3) 暗号の安全性の定義

本記事は 暗号学一人アドベントカレンダー 第3日目の記事です。本来の予定のHistorical Cryptoの話から予定を変更してお届けします。

(2) 普通はこれだけ知ってればokみたいな話

本記事は 暗号学一人アドベントカレンダー 第2日目の記事です。風邪引いて投稿遅れてますが今週終わりにはキャッチアップします…><

【暗号学アドベントカレンダー】ごあいさつ

本記事は 暗号学一人アドベントカレンダー 第1日目の記事です。

予告: Cryptography (solo) Advent Calendar 2017

adventar.org をやります。 6月くらいから書くつもりでネタ探ししてたのですがネタ探しでとどまっているので今のところの執筆状況は2/25。今月終わるまでに15くらいまでは終わらせたい…!

RubyKaigi 2017 に行ってきた(2): セッション内容、その他

技術記事パートとおまけです。先週会社で見てきたセッションの内容をしゃべったものが元になっています。

【7/31まで】Humble Book BundleのCybersecurity Bundleがすごい

www.humblebundle.com Humble Bundleっていう好きな額を支払ってゲームや本のパッケージを購入できるサービスがあるのですが、そこでセキュリティ関連書籍のバンドルが売られてたので買ってみた、という内容です。かなりいい内容なので英語でも読めるよとい…

【論文紹介】Sliding right into disaster: Left-to-right sliding windows leak【RSA-1024続報】

だいぶ遅れましたが例の「RSA-1024がやられた」の攻撃の詳細を解説したペーパーである「Sliding right into disaster: Left-to-right sliding windows leak」の解説をします。 TL;DR というよりは「攻撃の詳細な解説はいいから何すればいいんだ」という人向…

「RSA-1024がやられた」について

例によってクリプト野郎なので解説します。速報としてはリンク集を置いておき、あとで原論文の解説を書きます。(7/6追記: 土曜日くらいになりそう) 超要約はTwitterでの以下の発言の通りになる予定。 RSA-1024そのものが突破されたってわけでなく、特定の実…

WorldsFirstSha2Vulnerabilityについて

github.com クリプト野郎なので解説します。とりあえず速報なのであとでもう少し書くかもしれません。結論から言うと(少なくとも現時点で観測される情報の範囲では)脆弱性じゃないので安心して。

Encrypt-then-MAC vs MAC-then-Encrypt (『プロフェッショナルSSL/TLS』読書会第1回フォローアップ記事)

1週間以内で記事にするとは何だったのか。というわけでタイトルの通り、質問で出ていた「Encrypt-then-MACだと安全だけどMAC-then-Encryptだとダメってどういうこと?」について解説します。 宣伝: 第2回もやります 第2回を立てたので今度こそ宣伝します。と…

『プロフェッショナルSSL/TLS読書会』#1

をやりました。 事後報告記事なので軽めに。 宣伝をおおっぴらにしなかったのには主に会場のキャパシティの問題があります。もともとからして所属とかはがんばればわかったのでそこを伏せる意味は特になく、Twitterタイムラインで観測する限りそれなりに読者…

オフラインリアルタイムどう書くE11 writeup

風邪につきsemi-realtimeのonline参加ですが… イベントはこちら 問題はこちら ネタバレを含むため続きを読む記法、あとかなり雑な解説です。

Amazon S3からフォルダの中身を一括でダウンロードするスクリプト

個人向け備忘録。

【論文紹介】HEIST: HTTP Encrypted Information can be Stolen through TCP-windows

この記事は情報セキュリティ系論文紹介 Advent Calendar 2016の20日目の記事です。厳密には「ローカルネットワークでのHTTPSについて関心のある人の間でやっているセキュリティ勉強会」(not正式名称)の8月の回の発表ネタのrewriteです。rewriteで書けそう、…

オフラインリアルタイムどう書くE10 writeup

問題を解きたい方向け:ネタバレを含みます。 yhpg.doorkeeper.jp

オフラインリアルタイムどう書くE08に参加してきた

問題を解きたい方向け注意:ネタバレを含みます。