tech

オフラインリアルタイムどう書くE10 writeup

問題を解きたい方向け:ネタバレを含みます。 yhpg.doorkeeper.jp

オフラインリアルタイムどう書くE08に参加してきた

問題を解きたい方向け注意:ネタバレを含みます。

RubyKaigiとGPのために京都に行ってきた(2)

まずはRubyKaigiまとめ、簡潔にセッション内容or感想など。 生ログはこちら Keynote: Ruby3 Typing 最近のRuby系カンファレンスで恒例と化したRubyの型どうするよ話。 私としては「絶対に型は書きたくないでござる」でよくて、言語組み込みでstatic typingや…

OS Xで起動時にmongodが立ち上がるようにする

個人用メモ。

YAPC::Asia Tokyo 2015 1日目(8/21)参加記録

いい加減乗り遅れた感がすごいですが書きます。

JavaScriptのBMSプレイヤーで先を越されたので解説するよ(0) - 予告編

つい数日前にTwitterを見てたところこんな記事が目に飛び込んできまして: BMSをブラウザで遊べるWEBサービス『bmsjs』のα版を公開いたしました - bokuweb.me …というわけで、タイトルの通り先を越されてしまったので、だいぶ前に作って放置してたものを晒す…

RIP Kato.im

機を逸した感じは若干ありますが書かざるを得ない。

RubyKaigiに行ってきた(4): 3日目

いい加減終わらせにかかります。2日目と同じようにメモはほぼ生ログです。

RubyKaigiに行ってきた(3): 2日目

先週いっぱい忙しかった上に割と不調だったのでこれは本格的に崩れそうと思ったら日曜くらいから体調崩したので予定通りの更新は諦めました。あとノート整理して載せるのも諦めました。ほぼまんまです。

RubyKaigiに行ってきた(2): 初日

ついにRubyKaigiそのものから1ヶ月が経ってしまって完全に機を逸した感が否めないですがセッションの内容編行きます。今度からはもっと早く書くことにしよう…。 ほぼノート垂れ流し、英語のノートは日本語に直して書いています。2日目以降は記事のひな形は作…

RubyKaigi 2014に行ってきた(1)

長年Rubyを軸にプログラミングをやってきたにも関わらず今年存在を知って今年初参加でした。というかこういう大型技術系カンファレンスへの参加が初めて。 感想:何でもっと早く知らなかったのか 最近は仕事ではRubyよりもScalaを書いてる時間のほうが長く(…

配属1ヶ月したし新人研修について書く(1)

今週のお題が「テスト」らしいんですが、やっぱりはてなさんよくわかってますね、私それ見て「TDDについて書けばいいのか」と思いました。どうも、TDD研修済みなsylph01です。ちなみに今日の記事は5%くらい関係あります。(編集:結局あとで書くってしたせい…

サーバーのメンテナンス&機能追加をした

一通り試してSwiftはオワコンとかいう煽り日記ではなく、今週結局Swiftも Objective-Cも触ってない三日坊主乙という結果だったので今週その代わりにやっていたサーバーのメンテナンスについて書きます。 Heartbleed?CCS Injection? もちろん対応してますが…

Swiftニンジャを目指す日記2・3日目→そうだObj-Cやろう

連載企画とは何だったのか。 GUIの絡まないプログラミングとGUIの絡むプログラミングやってみて(成果は別アカウントで晒しています)、Swiftの真価はCocoaライブラリの蓄積をそのまま使えることにあって正直それ使わないならおとなしくもっと自由な(コンパ…

Swiftニンジャを目指す日記:1日目

そうそう、カテゴリのtechとmacと並んでるの見て「テクマクマヤコン テクマクマヤコン…」っての思い出したんですけど、これ思いつくに至った私が読んでるあるブログの昨日の記事から考えるとあぁこれが昭和と平成の壁かと思ってしまいますね。どうも、『ひみ…

WWDCでしたね

今年度の初めには「今年はRubyの処理系ちゃんと読むぞ」とか数週間前は「Objective-Cたのしい」とか昨日は「うひょーScalaいい言語じゃんこれやり込むか」と言ってたところなんですが、 今年勉強する言語はSwiftで行こうと思います。 まあScalaはどのみちや…

MacBook Early 2008にXubuntu 14.04をインストールした

クッソ意味わからない夢日記のお口直しって言っちゃなんですが、MacBook Early 2008*1にXubuntuを入れてシングルブートで多分安定するところまで行ったのでその途中経過などを書きます。 このMacBook Early 2008ですが、ブログ記事が見つからないですが私の…

この先生きのこるために(2)

前回の記事の続きです。 さて、面白い記事を書くとは宣言したものの、今のところの部分に面白さがあったとすればそれは完全に私以外の部分なので、いい加減に続き書こうと思います。

この先生きのこるために(1)

本ブログ再開の一番の目的の一つである、予告編にて予告した太字の部分からです。 @t_wadaさん講演 @ 新人研修 というわけで私sylph01は4月から会社でお仕事を始めることとなりプログラマのプロフェッショナル[要出典]としての道を歩み始めたわけですが*1 、…